通信制高校人気の学校紹介【School-Inform.com】

通信制高校はどこがおすすめなのか、その一覧と学費、費用について

通信制高校を考える

通信制高校について書いていこうと思い、このブログを開設しました。普通は中学校を卒業しますと、一般の全日制高校に進学しますが、何らかの事情があったりして高校に進学ができなかったり、家庭の事情などで中学校卒業と同時に働き始めたという若者は、教育の機会に恵まれなくなります。

そんな若者たちが進学を考えるのが通信制高校です。
通信制高校とはそもそもどういうものなのかも知っておきましょう。

中には全日制高校に進学したものの、学校が合わなかったり諸々の事情で、途中で学校をやめることになったりする方もいらっしゃいますが、そんな方も通学制から、通信制高校に編入する場合があります。

通学する年数というのは、学校教育法に従って通学制と変わらず、3年という期間がありますが、通信教育を行うといったところが、普通高校とは変わってくるわけです。

今後もまた通信制高校の様々なことについて紹介をしていきたいと思います。





カテゴリー:通信制高校

通信制高校の学費と経済的負担

全日制高校の場合もそうですが、通信制高校も同じように私立と公立があります。

学習カリキュラムに大きく差があるというわけではなく、やはり差が出てくるといえば学費です。

私立の場合はやはり学費が高くなります。

公立の通信制高校の場合ですと1単位80円から200円ぐらいの範囲でおさまりますが、私立になりますと1単位5,000~12,000円になってしまいますので、学費の負担がとても重くなりますので、経済的に余裕がない家庭でしたら、やはり公立の方が魅力的に感じるでしょう。それだけでなく、施設の設備費であるとか、入学金、教材費など色々と他にもかかってくる費用があるのです。

ただしそういった学費や負担が重い分、バックアップ体制が充実していたり、インターネットを介したスクーリングができたり、生徒が自分の生活に合わせて通いやすいよう、色々対策をとっているのです。

学費は少し高くつきますが、それだけ私立に進学するメリットもあるということですね。公立を選ぶか私立を選ぶかは、はじめにある程度どんな学校があるのか、学校によってどのようなサポート体制があるのかなどを考慮して、考えてみてはいかがでしょうか。



カテゴリー:通信制高校

通信教育で高校卒業資格を取得

通信制高校のメリットは何でしょうか。通信制高校に通うほとんどの人は、何らかの理由で全日制高校に通学するのが困難で、勉強ができなかったり、高校卒業資格をとれないということから、通信制高校への進学を考えるわけですが、通信制高校の場合は通信教育なので、毎日のように通学せずとも高校卒業資格がとれてしまうということが、一番のメリットになるのではないでしょうか。募集範囲はある程度決まっていますので、全日制高校のように、学区内であれば進学を希望すればどこにでも行けるというようなものではありません。ある程度地域を指定したいのであれば、広く募集している広域制通信高校を受験するのが良いでしょう。公立の通信制高校に進学した場合のことを考えてみましょう。通信制高校ですから毎日登校する必要はありません。当たり前ですが、学費はその分通学制高校に比べて安いです。

市立や県立の通信制高校ですと、大体授業料は年に10,000円から30,000円くらいで、入学金は500円程度です。

学費はとても安いです。

1単位300円程度のところもありますし、これだけ学費が安いのに、高校卒業資格までとれるとなると、誰でも行くんじゃないかと思われがちですが、公立の通信高校なりますと、勉強するのはほとんど自習になります。

レポートを書いて提出したりしながら、卒業までの必要な単位などを稼ぐために、自分自身がしっかり自己管理して勉強をしなければなりません。やることを3年きっちりやれば、卒業資格はとれますが、それでもやるべき事を怠ってしまった場合は、卒業資格をとることはできません。通学制のように毎日学校に行って、先生から色々と指導を受けられるわけではないので、そのような差がどうしても出てきてしまいます。





カテゴリー:通信制高校

学校の区分けについて改めて考える

定時制、通信制、全日制…。このように高校の教育課程は三つに分けることができます。

平日の月曜から金曜に5時間~8時間ぐらい授業を行うのが一般の全日制高校です。

どこも基本的に就業年度は3年となっています。

私立や公立に関係なく土曜日に授業を行うこともありますが、最近は取得単位が決まっている学年制を採用している学校も多いですが、単位制にしているという学校もあります。

定時制高校は、昼間仕事をしている人や、何らかの事情で学校に昼間通えないような人が、夜通って勉強するためにあります。

それ以外にも、一定期間の授業時間を持っていたりもします。

1日の授業は大体4時間くらいなので、以前は4年という就業期間がありましたが、3年以上というように変わりました。通信制ですが、これは修業年限が3年以上となっています。

最近の社会では、学校に何らかの理由で行けなくなったり、もしくは不登校などになってしまった人たちでも、自分自身の生活のリズムに合わせて通えるといったような学校になっていますので、きちんと単位を取得していれば高校卒業資格がとれますので、そういったこと最近は生徒が増えています。

最近の通信制高校は二期制のところが多いです。

4月か10月かといったような、年2回の入学時期にチャンスがやってきます。

例えば全日制に4月に入学したい場合は、募集しているのが大体3月ぐらいまでが締め切りになるのですが、通信制になりますと、募集を始めるのが大体11月くらいからで4月下旬ぐらいまではやっています。

このように募集期間はすごく長いです。

基本的に入学試験というのやってる学校は少ないですが、面接試験とか簡単な作文筆記試験程度はやっているところもあります。

転入や編入してくる生徒も多いので、基本的には随時受け付けをしていますし、10月に入学した場合は後期からのスタートとなります。





カテゴリー:通信制高校

NHK学園高等学校を紹介します

日本の国営放送といえばNHKですね。NHK学園高等学校という名前を聞いてイメージするのは、このNHKしかないと思います。

このNHKが昭和38年に開校した学校が、このNHK学園高等学校であり、60,000人を超える卒業生を輩出する伝統的な学校なのです。

NHKの学校といえば、放送大学をイメージする人が多いようですが、NHK学園高等学校というのも、同じようにラジオやテレビなどを使って勉強できるという学校です。

3年間で卒業できる学校なのですが、入学を考える人がよく気にされるのは、通学しなければいけない日数が多かったりですとか、そのペースがハードだったりすると大変だなのではないかということです。

しかし、学び方の基本はNHK高校講座をみることです。

NHK高校講座はインターネットからもみれますし、家にいても何度でも繰り返しみて、わからないところもじっくり見返すことができるので、じっくり自宅で自習することができますし、それほどスクーリングもハードではありません。高校講座はテレビでもみられますが、最近はどこの自宅でもインターネット環境があると思いますので、繰り返しみれるインターネット放送の方が便利だと思います。

通信制高校というと、高校卒業資格を最終目的にという方が多いですが、やはりそういった方だけではありません。やはり進学を意識する人は大勢いらっしゃると思います。

専門学校であるとか、短大や大学といったところに進学を考える場合でも、NHK学園高等学校は、進路相談員がしっかりと相談にのってくれますし、スクーリングを通じて色々なアドバイスをもらえるので、そういった中でしっかり自分の進むべき道を確かめながら進んでいくことができます。





カテゴリー:通信制高校

  
Copyright © 2009 通信制高校人気の学校紹介【School-Inform.com】 . All rights reserved